◆メコン川

●メコン川

東南アジアの大河メコン川。チベット高原を源流とし、中国の南部雲南省、ミャンマー・ラオスの国境、タイ・ラオスの国境を流れ、カンボジア・ベトナムを通り、南シナ海に注いでいる全長約4,500km。(資料により異なる)

国際河川のため地域により呼び名が異なります。モンスーンの影響により雨季には水量が増すため流れが速く、乾季には水量が少なく流れも緩やかになります。中国では湄公河、カンボジアではメーコン、ベトナムではソンメーコン、ソンローンなどの名前で呼ばれています。メコンとは偉大な川・大きな川という意味を持ち、 その語源としてメはメーナーム=川の短縮語、コンはサンスクリット語のガンガ=ガンジス川の転訛とする説があります。

●世界遺産アンコール遺跡群

密林の眠るクメール芸術の至宝アンコール遺跡群は、9~15世紀頃にインドシナ半島で栄えたクメール王国・アンコール朝により建てられました。王朝滅亡後人々から忘れ去られていましたが、その後再発見され世界に知られることになります。ヒンドゥー教、仏教の寺院はクメール美術の傑作であり、美しい彫刻は人々を惹きつけてやみません。アンコールワット、アンコールトム、タプロームなどを訪れます。

●メコン川の人々の暮らし

メコン川沿いに住む人々は、メコンの恵みを受けながら川と共に暮らしています。美しい田園風景、水上で暮らす人々、職人の住む村、フランス植民地時代の面影を残す町、デルタ地帯など、自然に寄り添いながら生きてきた人々の素朴な暮らしに触れます。

●クルーズについて

アンコール遺跡群を訪れクメールの美に触れた後は、水上村や素朴な村での暮らしを見学。フランス植民地時代の面影を残す町、メコンデルタのジャングル、活気あふれるプノンペン、ホーチミンを訪れます。悠久の大河とその地に生きる人々の素朴な暮らしに触れるクルーズです。

 


■旅のヒント

寄港地

シェムリアップ、トンレサップ、カンポンチュナン、コーチェン、プノンペン、チャオドク、サデク、ミトー、チャオガオ、ホーチミンなど

エクスカーションで訪れる観光地

アンコール遺跡群(アンコールワット、アンコールトム、バンテアイスレイ、タプローム)、シェムリアップ、トンレサップ、カンポンチュナン、コーチェン、プノンペン、チャオドク、サデク、ミトー、チャオガオ、ホーチミンなど



クルーズ日数 11日間
出発/到着  ホーチミン/シェムリアップ 
クルーズ日数 11日間
出発/到着  シェムリアップ/ホーチミン


*カンボジア入国には観光ビザが必要です。

 日本人の方:(カンボジア入国時にパスポート残存期間が6カ月以上必要)

 シェムリアップ発:空路でシェムリアップ空港に到着する場合、空港でビザの取得が可能。(有料)

 ホーチミン発:日本で事前にカンボジア大使館でビザ取得が必要。(有料)