◆ロワール川

●ロワール川

ロワール川は、フランス南部に位置する中央山塊マシフ・サントラルを源流とし、オーベルニュ地方を北上、オルレアンで西に流れを変え、ロワール地方をナントまで大西洋にまで流れる全長1,012kmの長さを持つフランスの河川。

ロワール川の語源はラテン語のLigerに由来していると考えられています。

これは、ガリア語(ケルト語)でligaと呼ばれ、沈殿物を意味していました。

● フランス宮廷文化の中心地

ロワール川流域は『フランスの庭』と謳われ、田園風景やなだらかな丘、森の中に佇む古城など、お伽の中の世界のような風景が広がっています。クルーズの発着地ナントは、ブルターニュ公国の中心地として宮廷文化が花咲き、16-18世紀頃には織物・奴隷などの三角貿易により富を築いた豪商の邸宅が今でも残されています。

●クルーズについて 

クロワジー・ヨーロッパのロワール川クルーズは、ナントを発着し、周辺のロワール川下流域を巡ります。

ロワール川沿いに佇むロワールの古城巡り(ユッセ城・アゼー・ル・リドー城、ヴィランドリー城など)を巡るエクスカーションをご用意。最もフランスらしいといわれるロワールの美しい風景を堪能します。

 


■旅のヒント

寄港地

ナント、サンナザール、アンジェなど

エクスカーションで訪れる観光地

ナント、アンジェ、ロワールの古城めぐり(アゼー・ル・リドー城、ヴィランドリー城、ユッセ城)、ミュスカデ・ワイン街道、ゲラント塩田、船の博物館エスカントラック、ソミュールの馬術学校など



クルーズ日数 6日間
出発/到着  ナント/ナント   
クルーズ日数 8日間
出発/到着  ナント/ナント