ホーム > クルーズ紹介

◆ドウロ川

●ドウロ川

ドウロ川(ポルトガル語)は、スペイン語ではドゥエロ川と呼ばれ、スペイン北部のソリア県を源流とし、スペイン北部、ポルトガルを通り、河口の街ポルトで大西洋に注ぐ全長897kmの長さを持つ河川。ドウロ川の語源はケルト語で水を意味するDWRの音に由来していると考えられています。

●葡萄畑の段々畑 

ドウロ川沿いには渓谷が広がり、両岸の斜面に葡萄の段々畑が続く素晴らしい景観をお楽しみ頂くことが出来ます。

ポルトワインの産地として世界的に有名で、『アルト・ドウロ・ワイン生産地域』としてユネスコ世界文化遺産に指定されています。人々の手によって少しずつ開墾された畑を支える石壁の総延長は数万キロメートルに及ぶ言われ、『耕して天に至る』という言葉がぴったり。

●ポート/ドウロワインを運ぶ川

19世紀まで内陸部で収穫されたワインは樽に詰めて、ラベーロと呼ばれる平底の小型船で運ばれていました。船頭はラベーロを巧みに操り、岩が多く急流で危険なドウロ川の早瀬を乗り越えて行きました。現在ではダムが作られて数か所の閘門(ロック)が設けられたため、ゆるやかな流れになりました。途中、ヨーロッパ最大35mの段差を繋ぐ閘門もあります。

● ポルトガル文化が色濃く残る地

この地域はレコン・キスタ(国土回復運動)でイスラム教徒の支配から独立したポルトガル発祥の地でもあり、川沿いには荘園や領主の邸宅や豪華絢爛な教会が点在し、歴史に触れることが出来ます。

●クルーズ 

クロワジー・ヨーロッパのドウロ川クルーズは、ポルトを発着し、ドウロ河畔の風景を眺めながら航行します。

民族音楽『ファド』鑑賞やアズレージョ(タイル)が美しいピニャン駅、 昔ながらの街並みが残る街やポートワイン荘園を訪れるエクスカーションをご用意し、ポルトガルの文化や歴史に触れることが出来ます。


■旅のヒント

寄港地

ポルト、レグア、ピニャン、バルカ・ダルヴァ、センホラ・ダ・リベイラなど

エクスカーションで訪れる観光地

ポルト、ワインの試飲、バロック教会ラメーゴ、宗教都市ブラガ、美しい邸宅マテウス邸、世界遺産サラマンカなど



6~8日間

クルーズ日数 6日間
出発/到着 ポルト/ポルト  
クルーズ日数 6日間
出発/到着 ポルト/ポルト  

クルーズ日数 8日間
出発/到着 ポルト/ポルト  
クルーズ日数 8日間
出発/到着 ポルト/ポルト