◆ドナウ川(中流~下流)

●ドナウ川

ドナウ川は、ドイツ南部の黒い森(シュヴァルツヴァルト)を源流とし、計8カ国(ドイツ、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニア、ブルガリア)を東に流れ、黒海に注ぐ全長2,860kmの長さを持つ国際河川。EU(ヨーロッパ連合)内で最も長く、ヨーロッパ大陸ではヴォルガ川に次いで2番目に長さをもちます。ドナウ(Donau)川はドイツ語での呼び名で、ハンガリー語ではDuna、ルーマニア語でDunare英語でダニューブ(Danube)と各国語で呼ばれ、その語源はラテン語のダーヌビウス(Danubius)=ローマ神話の川の神の名前に由来し、ダヌービウスはケルト語から借用語と考えられています。

●国境の防衛線である交易の道

ドナウ川はローマ帝国時代には北方蛮族に対する防衛線であり、外敵から身を守るためドナウ川沿いには多くの砦が築かれました。ドナウ川は物資の輸送路、交易の道であり、ウイーン、ブダペスト、ベオグラード、ソフィアなど各国の首都は、重要な基地として築かれた事からその歴史は始まっています。

●ドナウの中流 ~ハンガリー大平原と紛争がおきた地

中流は、オーストリアの東端からブラチスラヴァ、エステルゴム、ブダペスト、モハーチ、ノヴィサド、ベオグラードなどを通り、山脈を横断し急流で知られたアイアンゲート(鉄門)まで。古くからの要塞拠点であったドナウベントには砦や古都が点在し、ハンガリー大平原には広大な畑の風景が続きます。アイアンゲートはかつてはドナウ川最大の難所でしたが、現在ではダム建設により神秘的な渓谷美を堪能する事が出来ます。

●ドナウの下流 ~独特の伝統文化が残るヨーロッパの東端

下流は、アイアンゲートからワラキア平原をルーマニア/ブルガリアの国境として流れ、ジョルジュ、ルセ、オルテニツァなどの都市を通り、トゥルチャで分流、広大なドナウデルタを形成しながら黒海まで流れています。ドナウデルタには、沼地や湿地に植物が生い茂る中多くの野鳥が生息し、ユネスコ世界自然遺産に指定されています。

●クルーズについて 

クロワジー・ヨーロッパのドナウ川クルーズは、上流~中流の古都とバッハウ渓谷を巡るブルードナウ、黒海からヨーロッパ大陸を横断、オーストリアまで航行するロング・クルーズまで様々なクルーズをご用意。

ローマ時代から中世、オスマン帝国、ハプスブルグ家、世界大戦、冷戦時代、そして現代とヨーロッパの歴史と共に歩んできたドナウ川には、多彩で豊かな文化が息づいています。

雄大な大自然と魅力的な古都、点在する砦などを眺め、ドナウ川で悠久の歴史に触れてみませんか?


■旅のヒント

寄港地

ブダペスト、モハーチ、カロチャ、オシイエク、ベオグラード、ノヴィサド、ヴゥコバル、オルショヴァ、ルセ、オルテニツァ、トゥルチャ、スレムスカミトロヴィツァ、スラヴァンスキブロド、ヤセノヴァツなど

エクスカーションで訪れる観光地

ベオグラード、ノヴィサド、ルセ、ブカレスト、ハンガリー大平原プスタ、バロックの街ゲーデレー、バロック建築オシィエク、アイアンゲート、ヘラクレス・スパ、クルシェドール修道院、中世のイロクと紛争の地ヴコヴァル、黒海の街コンスタンツァ、世界遺産ドナウデルタ、トカイワインワコーツィー、コパチュキリト自然公園など



クルーズ日数 9日間
 出発/到着 ブダペスト/トゥルチャ 
クルーズ日数 12日間
 出発/到着 リンツ/トゥルチャ