◆4日目(セーヌ川)


07:30 朝ごはん

今日も朝食で腹ごしらえ。食べる量が増えている気がするのは気のせい?バターが美味しいので、たっぷりとつけて食べてしまいます。日本では発酵バターはすごく高いしと理由をつけて頬張ります。美味しいから仕方ない!

08:00 ルーアン到着

大聖堂の尖塔が見えてきて、ルーアンに到着しました。ガイドブックによるとノルマンディーの中心地で木組みの街並みが残る古都。ジャンヌ・ダルクが火刑に処された町との情報も。どんな街なのか?期待が膨らみます。

09:00 ルーアン街歩き

地図を片手にルーアン街歩きに出発。まずはモネが何作も描いた大聖堂へ。彫刻のファサードが細かくてすごい!その後、歩行者天国をそぞろき。古い時計台や花屋さん。ブーケがすごくセンス良くて見とれてしまいます。


09:30 マカロンマカロン

かわいいお店を発見!カラフルなマカロンが並んでいます。フランボワーズやチョコレートなど、1コ1~1.5€くらいでパリの某有名店に比べるとリーズナブル。早速買い食いにチャレンジ、甘い!でも美味しい。

10:00 ジャンヌダルク・・

15世紀イングランドとの百年戦争の頃フランスを救った少女ジャンヌ・ダルクはこの地で火刑に処されました。まだ19歳だったのに。その地には今、教会が建っています。ジャンヌはその後聖人になりましたが悲しい歴史です。

10:30 ルーアン美術館

印象派の作品が多く収蔵されているルーアン美術館へ。モネやシスレーなど『この作品知ってる』作品がずらり。カラヴァッジョやベラスケスなどの作品もありました。パリより空いているのでゆっくり見ることが出来ます。


12:30 ランチ

お楽しみのランチタイム。前菜は生ハムとメロン、メインは白見魚のソテー、デザートはラズベリー・カスタードケーキ。お魚のケッパーソースがすごく美味しかったです。

14:00 昼寝タイム

午後はサロンでビールやカクテルを飲みながらひたすらのんびり過ごします。午前中、街を歩き回って疲れたので昼寝することにします。まったりした時間もいいな・・・旅の極楽です。

16:30 ボンジュール

昼寝から目覚めて、頭をすっきりさせようとデッキの上へ。風景写真を撮っていると、地元の子供が岸辺で遊んでいます。『ボンジュール』と手を振ると、手を振り返してくれました。なんだか心がぽっと温かくなりました。


19:00 さようならのご挨拶

明日でクルーズは終わり。あっという間でした。サロンでスタッフのご挨拶。クルーズ中に言葉を交わしたお客さんと記念撮影したり。言葉はあまり通じなかったけど、指さし会話帳で分かり合えたような気がします。ちょぴり寂しい気持ちになりました。

19:30 ガラディナー

最後の夜はガラディナー。前菜はフォアグラ、メインはウズラのマデイラソースがけ、チーズのパイ包み、デザートはアイスとスポンジで包んだものと特別な4コースメニュー。ワインはコート・デュローヌなどちょっと特別なものが用意されていました。

22:00 最後の夜

最後の夜を惜しむかのように、おじいちゃんおばあちゃん、パワー全開です。何故かこの曲がかかると全員スイッチが入る『マディソン』。ステップを教えてもらい参加します。なかなか難しい。酔っぱらい、笑いながら、ひたすら楽しい時間を過ごしました。